行き詰ったときの問題解決方法

行き詰ったときの問題解決方法なんですが

マヤ暦的思考でお話させてもらいます。

 

と、いうのも実はここしばらく、わたし自身が行き詰まりを感じていて・・・モヤモヤと常にそのことで頭を悩ましていました。そこでマヤ暦をわたしに教えてくれたお師匠に相談させてもらったところ、アドバイスいただいた言葉なんです。

 

それをわたしも忘れないために

そして同じように今、行き詰まりを感じている方にも届いたら嬉しいなと。

 

 

それでは早速。

静かにゆっくり呼吸をしながら

ほんの少し気持ちを落ち着かせて読み進めてみてください。

今はその問題を少し横に置いておいてくださいね。

 

柔らかい心が

きっとあなたにほんの少しのヒントを持たしてくれるかもしれませんよ。

 

 

まず・・・

 

1.今の自分の状態を観察。そして受け入れることからはじめてみる。

 

行き詰まりを感じているときは、いろんなものが自分の中で散らかってしまい訳がわからなくなっている状態。

そこをまず自覚することがたいせつ。

 

あ〜すごく混乱している。

 

これをなんとかしようと考え続けてしまうと

さらに混乱は起きてしまいます。

 

なので、すごく混乱している

その自分の様子を遠巻きに観察する、まずはそれだけ。

 

つまり混乱している自分を受け入れることからはじめてみる。

そうすることで、思考はそこで一度とまります。

 

 

2.課題を見極め整理。

 

複雑に絡み合ってしまったものごと、今の悩みの根本について冷静に考えてみることが大切になります。

 

そのなかで「自分のチカラで変えられそうなこと」と「変えられそうにないこと」はないでしょうか。

 

変えられそうなことは、勇気を持って取り組んでみる。

変えられなさそうなことは、受け入れてみる。

 

そして出来ればそれらを書き出してみることでより明確化されていきます。

もしかすると固定観念で「しなくてはならない」という意識で固められていることもあるかもしれませんので、

それを一度取り外す意味からもメモをしてみるといいかもしれませんね。

 

できれば、優先順位をつけてみるとさらにわかりやすくなるかもしれません。

 

・緊急に行動した方がいいこと

・重要度が高いこと

 

など。

その優先順位に従って、できることからはじめてみる。

行動を起こすことも大切なポイントになりそうですね。

 

 

そして、なぜか無関係のように思えるかもしれませんが、掃除だそうです。

 

整理整頓。

 

部屋が散らかっているときというのは、心や頭の中身も同じ状態になっているそうです。

だから、片付ける行為をしながら、しっかりと思考の整理もされていくと言われているそうです。

 

 

そして、その悩みがもし人間関係であれば

関係を断ち切るという選択だけではなく、修復するという方法もあります。

それには、

「何ができるか」

何ができるかを意識することからはじめるとよいのかもしれませんね。

 

どうしても相手ばかりに問題点を探そうとしてしまいますが

自分にも問題点があるからもめてしまう。

問題は自分の中にあって

答えも自分の中にあるわけなのですよね。

 

後悔しないためにも、

まず、そこを振り返ることが大切なことなのかもしれません。

そして、それが今ある課題。

それを越えないと、また同じ課題がいつか用意され、同じような悩みとして起きる。

それなら、今ある課題をしっかり取り組み解決していくことが最善のような気がします。

 

もちろん、どうしても納得のいかないこと

例えば、理不尽なもの言いや暴力。

そういうものからはすぐに逃れることが最善の決断です。

 

また、自分の悪いこと探しではないので、自分を責めるような考えで問題探しをするのも

方向性が違ってしまうので、あくまでも冷静にみつめる。

 

答えはそこにあるようです。

 

 

もし、それでも答えが得られないとき・・・

まだ続きがあるので、それはまた今度お伝えしますね。

 

2019-9-3からの「赤い空歩く人」の13日間の過ごし方

第2の城の一番最初の13日間は「赤い空歩く人」の13日間(K53〜K65 9/3-9/15まで)がはじまりました

 

赤い空歩く人のキーワード

 

世のため人のため

ボランティア精神

 

この13日間は人の成長の手助けをする気持ちで過ごすことが大切になります。

その中で得られるものこそが、今、必要な気づきであり、今の課題でもあります。

 

目先の損得にとらわれることなく

誰かのためになることを進んで行う

 

それが自分のためにもなるということの大切さ

 

不思議ですね。

 

ぜひ、そんな心持でお過ごしください。

 

 

また、9/3-9/6までの4日間

安らかに物事が運ぶ時期で思ったことが叶いやすい時期とも言われています。

自信を持って前に進んでみると良さそうです。

そしてさらに大切なこと・・・

感謝の心です。

 

うまくいっている時期、

流れにのっている時期こそ

ぜひ、感謝する心を大切にしてください。

 

 

 

 

2019/9/3〜 マヤ暦 第2の城がはじまりました

マヤ暦ではツォルキン暦という260日周期の暦が使われています。

 

この260日は52日ごと5つの期間にわかれ、

この期間を「5つの城」と呼びます。

 

この5つの城にもそれぞれ意味があり、

その意味を知り意識することで

様々な気づきを得やすくなるとされています。

 

 

第1の城(種まきの時期 KIN1〜52)は、

誕生・種まきの期間とされ、起承転結でいうところの「起」の意味をなしています。

この時期にしっかり種まきを行うことが大切になります。

 

//  そして、昨日9/3からスタートした第2の城  //

 

第2の城(鍛錬、試練の時期 KIN53〜104 )は

第1の城でできたものが本物になるためにゆさぶられる期間とされ、起承転結の「承」の意味をなしています。

ある意味自分が試されるような52日間になります。

 

この期間で大きな成長が得られるかどうか、ちょっと楽しみな時期です。

 

そしてできるだけ不要なものは捨てるつもりで過ごすことが大切になりそうです。

 

//////////////////////////////////////////////////

 

第3の城(大転換・変容の時期 K105〜156)は

青い変化の城とも呼ばれ、停滞や形骸化を防ぐために様々な変化が起こるとされ、起承転結の「転」の意味をなしています。

この時期は目まぐるしいほどに変化が次から次へと起こる時期。それを柔軟な姿勢・思考で受け入れ

その流れに流されることなく乗ることがポイントとなりそうです。

 

第4の城(熟成 K157〜208)は

赤い第1の城の時期に巻いた種を刈り入れる時期になります。起承転結の「結」の意味をなしています。

しっかりと刈り入れることが大切。

 

第5の城(マトリックス K209〜260 )は

刈り入れたものを整理し、再スタートに備える時期になります。

 

 

それぞれの城を越えることでたくさんの学びや気づきが得られ、それを受け入れることが大切。

そして、また次なる成長へと向けて新しい城へと旅立ちます。

まさに人生の旅路ですね。

 

 

 

マヤ暦無料モニターセッションさせてもらいました

いまからおよそ半年前。

まだマヤ暦の無料モニターさんを募集していたころにお会いした池田敦子さんのセッションを今日させてもらいました。

 

無料モニターさんを勢いよくお受けしていたため、こんなにもお待たせしてしまいました。それにも関わらず、お忙し中お時間を頂戴しました。

 

はじめてお会いしたときと同じように明るい笑顔。

本当に好きなことをお仕事にされている方というのは不思議なくらい魅力的でキラキラと輝いていますね。

 

そんな池田敦子さん

しっかりマヤ暦の紋章通りに生きている方で、ちゃんと直感を信じ、その直感に素直に従っているため、今年の流れも来年の流れもある程度理解していたようで、それにそって行動しようと考えていたとのことで驚きました。

 

直感って、いわゆる直感なんです。

ピピっと来る、直感です。

 

微妙な説明になるかもしれませんが、直感って人間の本能で感じる感覚なんです。それをしっかりメッセージとして受け取るか、または、なんとなく・・・で終わらせてしまうか、それによって結果が違ってくる可能性があるんです。

 

虫の知らせ

 

なんて言葉がありますが、あれは単なる偶然ではなく意味のある偶然なんです。いわゆるシンクロニシティ。

 

それを受け取ることができるのは、素直な心と、常に自分がどうなりたいかや、どうしたいかなどの意識の問題だそうです。意識することでピピっをキャッチしやすくなるそうです。

 

池田敦子さんのお話を聞いていると

常にアンテナを何かしらの形で立てている様子がうかがえました。これからどうしたいか。どうなりたいか。どうすればよい方向に向かっていけるか・・・など。

 

そのアンテナにかかった情報には、しっかり耳を傾け、それだけではなく行動しているといった素晴らしい瞬発力を持ち合わせている印象でした。

 

魅力的に輝くには

好きなことをする。

好きなことって楽しいことばかりではありません。

何も考えずに好きなことだけをするのとは、きっと違うんですよね。

 

自分をしっているから

自分がなりたい姿へ努力ができる。

その努力は苦しいものではなくて、

努力から得る喜びが生きる糧になんだいるのだろうなと

 

今日はそんな素敵なお話を聞かせてもらいました。

 

マヤ暦のセッションって

マヤ暦から見たその人のエネルギーや本質をお伝えするのですが、そのお伝えする過程で伝える側のわたしも同じようなエネルギーに包まれ、不思議な相乗効果でお互いがよい方向へと進めるヒントを得ることができる時間になります。

 

だから、わたしにとっても学びの時間。

今日もステキに成長ができたのではないかと感謝しています。

 

池田敦子さん

これからもステキに輝く姿、楽しみにしています。

ありがとうございました。

 

 

池田敦子さん

トータルフットケアセラピスト、シューズスタイリスト

トータルフットケアサロン ソライロフット

 

 

 

::::::::::::::::::

 

マヤ暦のセッション受付しています

 

10/19(土)は 浦和のさきっちょさんにて

新潟の人気タロット占い師 やたなたろうさん とのコラボイベントもあります。

 

詳細

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

http://uchiuneko.net/?eid=145

 

 

他、ご都合の良い日程での調整も可能です。

現在受付は11月のスケジュールでの受付になりますので、

一度お問い合わせください。

 

お問い合わせ

 

 

■セッション:おひとり 1時間 ¥3000(診断書・今年1年の流れ付き)以降30分追加 ¥1500

(通常2時間ほどお時間頂戴しております)

 

■ミニマムセッション:おひとり 30分 ¥1500 

※ミニマムセッションは診断書なし・関係性なし・また当日通常セッションへの変更はお受けいたしかねます・別日程でご予約いただきプラス料金でのセッションになります。ご了承ください※

 

2019/8/25現在の価格になります。

今後改定される可能性がありますので都度ご確認くださいますようお願いいたします。

黄色い太陽の13日間(K40〜K52)

 

今日8/24 は、

 

K43 青い夜 黄色い太陽 音4

 

ということで黄色い太陽の13日間の4番目の日(4日目)になります。

 

この黄色い太陽の13日間もマヤ暦第1の城の4つ目の紋章で第1の城の最後の13日になります。

第1の城は誕生や種まきがキーワードでここでしっかり種まきしたことが、

次第に芽を出し花を咲かせ・・・という流れになっていくというものです。

 

そんな黄色い太陽13日間、どんな気持ちで過ごせばたくさんの気づきを得られやすいかをまとめてみたいと思います。

 

╋ 黄色い太陽 ╋++++++++++++++++++++++++++++++

 

紋章の名前の通り太陽を表しています。

太陽はわたしたちに明るさと公平さをわけ隔てなく与えてくれています。

 

わたしたちは生きていく中で、たくさんの学びがあります。

興味を持って自ら学ぶなんてスタイルもありますが、

人として一番の学びって実は失敗だったり、躓きだったり、悲しみやつらさ、痛さだったりするような気がします。

 

失敗したことでいろんな気づきを得られた。次からこうしようと考えられた。

自分が痛い思いをしたから、同じ思いのひとの気持ちがわかる。

 

やっぱり人って経験しないとわからないことがたくさんあるんですよね。

 

バンジージャンプ。

すごく爽快で気持ちが良かった。スカッとした気持ちになれた。

と経験した人から話を聞いても、その経験したことのない人からしたら

あんな高いところから飛び降りて恐怖しか想像できないってなってしまいます。

そこで、経験した人であれば、その爽快さを共有できるかもしれません。

また、もしかしたら経験したけれど共有できない理由を話せたりするかもしれません。

 

すべてが経験なんですよね。

 

その経験の中でも思い通りにならないことを経験することがあります。

それも生きていくなかで結構な頻度で思い通りにならないことって起きてたりします。

・・・すくなくともわたしは。

 

その思い通りにいかないことって

悔しいし、悲しいし、苛立ちもあったり、ほんとつらい経験の部類に入ると思います。

だけど、ここで「この経験から学べるものがあるはず」と思うことで

その後の生き方がガラリと変わったりするものです。

 

思い通りにならないことから学ぶことは

今まで見えなかった世界を知ることでもあります。

思い通りにならないことから、わたしたちはたくさんの学びを得ていることを理解してみてください。

そして、そういったできごとにすら意味があるってことだったりします。

 

学びの機会(気づき)を与えてくれた

そんな感じでしょうか。

 

╋黄色い太陽13日間のキーワード╋+++++++++++++++

 

・思い通りにならないことから学ぶ

・分け隔てなく公平に

・普遍的なもの

・知恵を使ってみる

などを頭の片隅に置いておくことで、

この13日間にわたしたちに降り注ぐエネルギーから

たくさんのメッセージを受け取りやすくなりますよ。

 

そこには、かならず素直な気持ちで自分らしく

否定的にならず、できるだけ受け入れる心を大切にしてみてください。

そして、目の前のできごとは自分自身の映し鏡。

心がけ次第、心持次第。

 

すべてのできごとは用意されたもの。

それをしっかり受け止め感謝することが大切なのかもしれませんね。

 

∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴

 

10月マヤ暦のセッション予約受付しています。

10月は癒しのタロット占い師「やたなたろう」さんとのコラボイベントになります。

ぜひこの機会に、マヤ暦とタロットで自分自身を紐解いてみませんか。

 

詳細・予約はこちらの記事より受け付けています。

 

http://uchiuneko.net/?eid=145

 

∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴