行き詰ったときの問題解決方法なんですが

マヤ暦的思考でお話させてもらいます。

 

と、いうのも実はここしばらく、わたし自身が行き詰まりを感じていて・・・モヤモヤと常にそのことで頭を悩ましていました。そこでマヤ暦をわたしに教えてくれたお師匠に相談させてもらったところ、アドバイスいただいた言葉なんです。

 

それをわたしも忘れないために

そして同じように今、行き詰まりを感じている方にも届いたら嬉しいなと。

 

 

それでは早速。

静かにゆっくり呼吸をしながら

ほんの少し気持ちを落ち着かせて読み進めてみてください。

今はその問題を少し横に置いておいてくださいね。

 

柔らかい心が

きっとあなたにほんの少しのヒントを持たしてくれるかもしれませんよ。

 

 

まず・・・

 

1.今の自分の状態を観察。そして受け入れることからはじめてみる。

 

行き詰まりを感じているときは、いろんなものが自分の中で散らかってしまい訳がわからなくなっている状態。

そこをまず自覚することがたいせつ。

 

あ〜すごく混乱している。

 

これをなんとかしようと考え続けてしまうと

さらに混乱は起きてしまいます。

 

なので、すごく混乱している

その自分の様子を遠巻きに観察する、まずはそれだけ。

 

つまり混乱している自分を受け入れることからはじめてみる。

そうすることで、思考はそこで一度とまります。

 

 

2.課題を見極め整理。

 

複雑に絡み合ってしまったものごと、今の悩みの根本について冷静に考えてみることが大切になります。

 

そのなかで「自分のチカラで変えられそうなこと」と「変えられそうにないこと」はないでしょうか。

 

変えられそうなことは、勇気を持って取り組んでみる。

変えられなさそうなことは、受け入れてみる。

 

そして出来ればそれらを書き出してみることでより明確化されていきます。

もしかすると固定観念で「しなくてはならない」という意識で固められていることもあるかもしれませんので、

それを一度取り外す意味からもメモをしてみるといいかもしれませんね。

 

できれば、優先順位をつけてみるとさらにわかりやすくなるかもしれません。

 

・緊急に行動した方がいいこと

・重要度が高いこと

 

など。

その優先順位に従って、できることからはじめてみる。

行動を起こすことも大切なポイントになりそうですね。

 

 

そして、なぜか無関係のように思えるかもしれませんが、掃除だそうです。

 

整理整頓。

 

部屋が散らかっているときというのは、心や頭の中身も同じ状態になっているそうです。

だから、片付ける行為をしながら、しっかりと思考の整理もされていくと言われているそうです。

 

 

そして、その悩みがもし人間関係であれば

関係を断ち切るという選択だけではなく、修復するという方法もあります。

それには、

「何ができるか」

何ができるかを意識することからはじめるとよいのかもしれませんね。

 

どうしても相手ばかりに問題点を探そうとしてしまいますが

自分にも問題点があるからもめてしまう。

問題は自分の中にあって

答えも自分の中にあるわけなのですよね。

 

後悔しないためにも、

まず、そこを振り返ることが大切なことなのかもしれません。

そして、それが今ある課題。

それを越えないと、また同じ課題がいつか用意され、同じような悩みとして起きる。

それなら、今ある課題をしっかり取り組み解決していくことが最善のような気がします。

 

もちろん、どうしても納得のいかないこと

例えば、理不尽なもの言いや暴力。

そういうものからはすぐに逃れることが最善の決断です。

 

また、自分の悪いこと探しではないので、自分を責めるような考えで問題探しをするのも

方向性が違ってしまうので、あくまでも冷静にみつめる。

 

答えはそこにあるようです。

 

 

もし、それでも答えが得られないとき・・・

まだ続きがあるので、それはまた今度お伝えしますね。