そろそろマヤ暦にも触れてもいいかなと思ったので、まずはわたしをマヤ暦で自己紹介してみようと思います。

 


マヤ暦とは・・・


まず、最近は少しずつ浸透してきているような感じもありますが、わたしの周りにはこの「マヤ暦」というものを知っているひとがいませんでしたので、まずは「マヤ暦」についてお話します。

 

マヤ暦は4000年の昔、古代マヤ文明で使われていた暦の総称になります。マヤ文明では17〜19種類の暦を使い分けていたといわれています。

 

その中で、260日サイクルの「ツォルキン暦」は神聖暦とも呼ばれ、当時マヤの神官が儀式のために使用してた暦で、儀式暦とも呼ばれているものを、現在「マヤ暦」と呼ばれ使用しています。

 

ちなみにマヤ暦は占いではないと言われています。

マヤ暦を知ることで、その人がどんなエネルギーを持って生まれてきたか、どんな性質か、どんな性格か、どんな特徴があるかを知るというもので、占いのようにあたり外れや、良い・悪いという結果をみるものではないと言われています。その人の取り扱い説明書で、それがあることで自分を知ることができて生きやすくなるといったものが特徴になります。

 

もちろん、相性をみたりもできるのですが、こちらも相性が良い・悪いというものはなく、相性というよりも関係性とい言い方になるのかもしれませんね。この関係性からするとこの部分を補いあえるや、共感しあえるとか、お互いに成長できる関係などという見方をします。反対のエネルギーでぶつかり合ってしまうこともあるけれど、それは学びの多い関係としてとらえ、とても貴重な関係性となるので、嫌だなと思うひとも自分にとってはとても大切なひとなんだと思えると付き合い方もきっと変えていけるのではないかと思います。

 

そんな感じの、柔らかい言葉で包まれた取り扱い説明書になります。

 

このあたりについては、まだわたしも勉強不足な部分があるので、そのうちもう少し勉強を積んでしっかりわかりやすくしたものを公開していきたいと思います。しばらくお待ちください。


マヤ暦的自己紹介・・・ウチウネコってこんなひと


マヤ暦でウチウネコを丸裸にしてしまいましょう。

 

■ ウチウネコ ツォルキンナンバー Kin243

kinナンバーとは 生まれてきた日に流れていたエネルギーで、kin(キン)とは「その人」や「その日」といった意味があるそうです。

■ ウチウネコ 太陽の紋章 青い夜  ウェイブスペル 青い鷲  音 9

●「太陽の紋章」 は、その人の本質・生まれてきた目的を示していて、その人の表面的な部分を表しています。占星術でいうところの太陽星座といったところになると思います。ちなみに太陽星座は魚座です。

   ●「ウェイブスペル」 は、その人の特徴や能力を示していて、あまり表面的にはわかりづらい部分で潜在意識の部分や無意識の部分と言われています。占星術でいうところの月星座といった部分にあたると思います。ちなみに月星座は牡羊座です。

●「音」 銀河の音といわれていて、その人の原動力やエネルギーを表します。性格特性もこの音でみます。

☆「銀河の音を鳴り響かせ、ウェイブスペルが太陽の紋章を輝かせる」ことで、その人本来の姿があらわれると言われています。


で、どんなひと?


  • 銀河の音から

明るくパワフルでくよくよすることが少なく、人を元気づけることで喜びを感じます。ただいるだけ、それだけでも人にパワーを与えることができるくらい元気な人。躍動感のあるものを好み、わくわくドキドキすることが大切。そして、そのわくわく、ドキドキが元気の源でもあるので、常にわくわく、ドキドキを探しそれに向かって進むことが本来の姿で過ごせる大切なポイントになります。高い集中力が特徴ですが、実は興味のあることにだけ発揮される集中力で、興味・関心のないことにはまったく見向きもしません。大切なことは「傾聴」人の意見、話、たとえ興味がないことでも、しっかり耳を傾けることで大きな成長へとつながります。

 

  • 太陽の紋章から 

多くの人に夢や希望を届けることができる。その夢や希望は決して自分のためのものではなく、多くの人のためになるものであることが必要。それでも多くの人のためと言っても、自分が好きなことではないと意味がなく、自分の好きなことを追求し、自分の夢に挑戦して達成感をあじわうことが重要。そのため大きな目標ではなく小さな目標をいくつも設定すると達成感がいくつもあじわえ、そのたびに成長へと繋がります。わくわく、ドキドキを持つようにし、それに向かうことが原動力となり、元気の源で、周囲に希望とエネルギーを与えることができるので、希望を持つことを忘れないようすることがキーポイントになります。

 

他者分離意識が強いので、できるだけ人と接する機会を持つようにすることも大切。自然と触れ合うこともエネルギー補給となるので、できるだけ外に出かけていくことも大切になります。

 

また、人一倍マイペースで、周りへ合わせることを知りません。そのため、周りからの影響をあまり受けないという良い面もありますが、そのことにより人に理解されにくいといった部分もあります。イメージしたものを実現させ、人に夢を与える能力があるため思考はできるだけポジティブなものであるとよいでしょう。キーポイントは夢や希望をできるだけ明確にし、よりリアルなものにすることで実現しやすくなります。

 

  • ウェイブスペルから

人の心をクールに見つめる

鋭い勘と観察力を持っている。心を通じ合わせることに喜びを感じる。批判とネガティブな発言が自身の感情を不安定にさせ、疲弊させエネルギー低下の原因となるので、できるだけポジティブな思考へと変換するよう心がけが必要。常に目的やテーマを設定し、それに向かっていくことで願望実現に繋がりエネルギー昇華へと繋がる。心を常により良い状態に保つことが重要。

 

 

と、いった、取り扱い説明書ができあがありました。

願望実現には宣言することと、よりリアルに夢や希望を描く必要性。それが他者への希望に繋がるというもの。

 


マヤ暦的 ウチウネコ自己紹介以上です。以下、マヤ暦との出会いなどなど


 

これを、何の気なしに友達の知り合いに見てもらったときに言われた内容(とほぼ一緒)で、さらに家族間の関係性まで見てもらい、すごい腑に落ちて、自分のしてきたこと、自分自身が間違っていなかったんだと激しく感動したのが今年の10月。ちょうどそのころに、この先のことをすごく考えていて、仕事のこととか生活のこととか、なにか自分にできるものはないのかな?と漠然とした思いだったのだけど、この結果みて、わたしができることはこれかも知れないという思い、衝動に駆られ、そのことであまり深く知らなかったマヤ暦をその場でこれから勉強させてくださいとお願いしたのです。

 

必要なときに、必要なタイミングでマヤ暦に出会うって言われていて、わたしもそのタイミングだったのだと思ってます。別に重たい悩みを抱えていたわけではないなかで、ただ何かをって思っていた、そのタイミングだったのかなと。

 

だから、どんなにマヤ暦について話をしても響かないひとには、響かない。どんなに占いとかが好きなひとでも、軽くそうなんだーで終わった友達もいる。それは、ただその人が必要としているタイミングではないってことだって、マヤ暦をわたしに教えてくれたひとが言っていました。

 


必要なタイミングって何?


友達にわたしがマヤ暦を勉強していることを伝えたときに、もう少し詳しくみてもらいたいってことだったので、わたしにマヤ暦を教えてくれたひとにバトンタッチ。それでもっと深く見てもらったら、友達のご主人が人生最高の時期に差し掛かっているタイミングだったという。友達もご主人が最近なんか今までと違うってことは感じていたのだけど、まさにそれが切り替わりのタイミングだったらしく、今までの夫婦関係だとそのタイミングをつぶしてしまっていた可能性もあったかもしれないので、本当によかったよって喜んでくれてたのがとても印象的。それを見てわたしは、こんなに人の心を和らげることができるんだと感動してしまっていました。

 

不思議なパワーが潜んでいるマヤ暦。まだまだ、わたしが勉強しているところは入り口であって、もっと奥が深いらしいので、これからどんどん勉強していきたいと思ってます。

 

 

JUGEMテーマ:占い