恋愛に支配されてしまっている人がとても多いような気がします。

簡単に言ってしまうと

恋愛って通過点であって、それが人生の最終目的ではないし

何より、自分自身のすべてであってはいけないと思うのです。

 

恋愛は感情だと考えます。

人は感情に振り回されてしまうと

本当の自分を見失うことに繋がってしまいます。

 

人を好きだと思う気持ちはとても大切なことです。

でも自分を差し置いて人を好きだと思うのは

少し行き過ぎなような気もします。

 

まずは、あなたを主体として考えていって欲しいと思います。

彼が彼女がすべてでは、彼、彼女を失った瞬間にあなた自身も失いかねません。

 

恋愛は通過点です。

 

どんなに恋をすることで自尊心を保てたとしても、

それは単なる通過点でしかないこと、しっかり理解して欲しいと思います。

 

あなたを輝かすのは恋愛だけではないということです。

あなたを輝かすのはあなた自身であることを知って欲しい。

その中で恋愛は「かくし味」として楽しんで欲しいです。

 

自分らしくいることで

自分らしくいることを応援してくれたり、支えてくれるパートナーと巡り合えます。

そしてそのパートナーのパートナーらしさを好きだと思えるようになります。

自分らしさを認めてくれるので、もっと自分らしさを磨こうとお互いに思えます。

つまり自分らしく成長できる関係になれます。

だから相手に対しての不信感を持つことがなくなります。

嫌われてしまうかもとか、無駄な心配はしなくていいのです。

一緒にいることが楽になります。

一緒にいなくても楽な気持ちでいられます。

 

恋愛は恋愛探しではなく

自分探しの先にあります。

そして自分探しの中に恋愛があります。

だから通過点であって

かくし味なのです。

 

 

そうは言っても若いうちは何事も経験なので

たくさん恋をして

たくさん泣いて

ひとつずつ階段をあがっていってください。

 

その先に、自分をみつけて

そこから自分らしさを探求していってほしいです。

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。